食べる

神楽坂のワインショップ内に仏料理店-ワインは物販スペースから選択も

神楽坂のフレンチ・ワインレストラン「カーヴ・ド・コンマ」グランシェフの小峰敏宏さん

神楽坂のフレンチ・ワインレストラン「カーヴ・ド・コンマ」グランシェフの小峰敏宏さん

  •  
  •  

 神楽坂のフランス・カリフォルニアワイン専門店「アロムヴェール」(新宿区袋町)内にフレンチ・ワインレストラン「カーヴ・ド・コンマ」(同、TEL 03-6228-1449)がオープンして2カ月が過ぎた。

「上越津南豚のリエットとコルニッション」

 1階の物販スペースに併設する形でオープンした同店。これまでワインバーとして営業していたが、昨年閉店した駒沢のフレンチレストラン「ラ・ターブル・ド・コンマ」のオーナーシェフだった小峰敏宏さんをグランシェフとして招き、今回新たにオープンした。「おいしくワインが飲めること」を前提とした、シンプルで素材の味を生かした料理を提供する。席数は、カウンター8席とテーブル席を合わせた38席。

[広告]

 主なメニューは、「前菜の盛り合わせ」(6品=3,150円、9品=4,725円)、「自家製ピックルス」「アボカドとエビ、トマト、くるみのサラダ」(以上630円)、「香川産の野菜のクルディテとマッシュルームのマリネ」(1,680円)、「上越津南豚のリエットとコルニッション」(1,785円)、本日の魚料理(2,730円)、「アロムヴェール風コック・オー・ヴァン」(2,310円)など。コース料理(ランチ3,150円~、ディナー5,250円~)も用意する。

 ドリンクメニューはグラスワイン(840円~)や季節のカクテルなど。物販スペースのボトルワインは1万円以下であれば1,050円、1万円以上であれば10%の抜栓料を加えた料金で、それぞれ提供する。地元住民やビジネスマンをターゲットに据え、客単価は、ランチ=1,800円、ディナー=7,500円。

 オープンから2カ月がたち「お客さまの反応はいい」と小峰シェフ。「お客さまの割合は、地元の方、近くで働く方が半分、前の店(ラ・ターブルド・コンマ)からの方が半分」と話し、「夜の営業の前半は食事をメーンに、20時・21時以降はワイン中心のお客さまを取りこんでいければ」と意気込みを見せる。

 営業時間は、ランチ=12時~14時、ティー=14時~18時、ディナー=18時~23時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加