食べる

神楽坂で「越前・若狭まつり」-福井県の特産品、観光スポットをPR

神楽坂通りと赤城神社境内を会場に「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」が開催される

神楽坂通りと赤城神社境内を会場に「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」が開催される

  •  
  •  

 神楽坂通りと赤城神社境内を会場に11月23日・24日、イベント「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」が開催される。主催は福井県と若狭湾観光連盟。

神楽坂通りを練り歩く登城行列の様子

 矢来公園近くには江戸時代、若州小浜藩邸があり、現在、同公園内に「小浜藩邸跡」と記した記念碑が設置されているなど福井県ゆかりの地である神楽坂。越前ガニやサバずし、若狭ぐじなど、さまざまな越前・若狭の特産品や名物、観光スポットをPRする同イベントは、今年で5回目の開催となる。

[広告]

 メーン会場の赤城神社境内では、特産品の試食・販売会や越前ガニや若狭ふぐなどが当たる抽選会、写真展、若狭路の珍味「サバのへしこ」を使った料理教室などさまざまな催しを展開。教育センタービル前には、福井県恐竜博物館協力の下、ティラノサウルス頭骨(複製)と触れられる実物化石を展示する。

 23日には、神楽坂と福井のつながりを象徴するイベントとして神楽坂通りを時代衣装姿で練り歩く「小浜藩酒井大老登城行列」を開催。2日間で3万人の来場を見込む。

 開催時間は11時~17時。

  • はてなブックマークに追加