食べる

四谷三丁目の飲食店が「和歌山酒祭り」-地酒30種が一堂に

和歌山県の地酒を集めたイベント「和歌山酒祭り!!」を開催する「酒徒庵」竹口店長(右)と「日がさ雨がさ」宮澤店長

和歌山県の地酒を集めたイベント「和歌山酒祭り!!」を開催する「酒徒庵」竹口店長(右)と「日がさ雨がさ」宮澤店長

  •  
  •  

 四谷三丁目駅近くの日本酒専門店「酒徒庵」(新宿区四谷3、TEL 03-3351-6119)と「日がさ雨がさ」(四谷3、TEL 03-3225-0267)で9月22日、和歌山県の地酒を集めたイベント「和歌山酒祭り!!」が開催される。

 イベントでは、約30種の地酒と和歌山の食材を使った料理や郷土料理を用意。参加者は、参加を申し込んだ店で参加費を支払い、フリーパスとぐいのみを受け取り、2店をはしごしながら酒と料理を楽しむ。

[広告]

 当日は、世界一統の「世界一統」「南方」、中野BCの「長久」「超超久」「紀伊国屋文左衛門」、吉村秀雄商店の「車坂」「鉄砲隊」「日本城」、平和酒造の「紀土(KID)」「紀美野」をはじめとする地酒のほか、「日がさ雨がさ」では和歌山の梅酒や果実酒なども取りそろえる。

 両店ではこれまでに長野県の地酒を集めた同様の企画を2度実施しており、今回の企画は長野の蔵元が縁で知り合った和歌山の蔵元との会話から生まれたもの。「酒徒庵」の竹口敏樹店長は「長野と同じように、知られざる日本酒を四谷三丁目から紹介し、地域活性化につながれば」と話し、「首都圏での和歌山の蔵元の合同イベントは今回が初では」とも。「四谷三丁目の店に行けば何か面白い日本酒があるのではと思っていただけるようになれれば」と意気込みを見せる。

 開催時間は15時~20時。事前予約制で、参加費は5,000円。

  • はてなブックマークに追加