見る・遊ぶ

法政大学でロンドン五輪壮行会-岸本選手、OB金丸選手らに大きな声援

多くの学生が見守る中開催されたロンドンオリンピック出場者壮行会の様子

多くの学生が見守る中開催されたロンドンオリンピック出場者壮行会の様子

  •  
  •  

 法政大学市ケ谷キャンパス(千代田区富士見2)の中央広場で7月5日、ロンドンオリンピックへの出場が決まった経済学部4年の岸本鷹幸選手、OBの金丸祐三さんらの壮行会が開催された。

出場4選手と増田壽男総長

 今回、出場が決まったのは現役学生の岸本鷹幸選手(陸上400メートル障害)、2010年現代福祉学部卒の金丸祐三選手(陸上400メートル、1600メートルリレー)、2006年国際文化学部卒の吉田雄悟選手(ヨット470級)、2008年キャリアデザイン学部卒の三宅宏実選手(重量挙女子48キロ級)、2010年社会学部卒、スポーツ健康学部兼任講師の金田和也選手(競泳200メートルバタフライ)、1998年経営学部卒の朝日健太郎選手(ビーチバレー)の6人。

[広告]

 壮行会には、岸本選手、金丸選手、吉田選手、三宅選手が参加。「目いっぱい法政をアピールしてこようと思っているので応援よろしくお願いします」(岸本選手)、「法政大の誇りを胸にロンドンで精いっぱい頑張ってくるので応援よろしくお願いします」(金丸選手)、「皆さんの応援を背に頑張ってきます」(吉田選手)、「OBとして良い報告ができるよう頑張りたい」(三宅選手)とそれぞれ力強く決意表明すると、学生をはじめとする観客から大きな拍手と声援が送られた。

 多くの学生が見守る中行われた壮行会は、応援団によるエールと校歌斉唱で締めくくられた。

  • はてなブックマークに追加