日本初の「広告入り無料ノート」-学生団体が大学校門前で配布

4枚1セットで配布した「ルーズフリー」

4枚1セットで配布した「ルーズフリー」

  •  
  •  

 法政大学経営学部の学生を中心とした学生団体「ファインダウェイ」(千代田区富士見2)が12月15日、学生にルーズリーフ(広告付き)を無料で提供するサービス「ルーズフリー」を発表した。

 「ルーズフリー」とは、米・カリフォルニア発祥のサービスで全米200以上のキャンパスの40万人以上の学生を対象として提供されているサービス。大学生が学習で使用するルーズリーフの余白に企業などがバナー広告のような広告を掲載することにより、学生への無料配布が可能になる。

[広告]

 同団体は昨年12月から法政大学内でのテスト配布を実施。学生らの意見を取り入れるなど試行錯誤を繰り返し完成した「ルーズフリー」10,000部を今月4日~20日、早稲田や上智など都内5つの大学校門前で、手渡しで配布した。

 法政大学3年生で同団体代表の浜野勇介さんは「準備期間が長かったため、こうしてリリースできたことがうれしい。毎朝継続して校門前に立つことで、学生の方からもらいに来てくれることも多かった」と振り返る。

 ルーズリーフの上部余白に広告を掲載することで、文字を書く間は広告が目に入りやすく、読み返したりする機会も多いため、既存フリーペーパーに比べて高い広告効果が期待できるという。同団体の独自調査によると、約9割の学生が「ルーズフリーをまた欲しい」と回答した。

 今後は配布する大学や配布の規模を広げ、手渡しでの配布のほかに大学内に専用ラックの設置を目指す。次回配布は来年4月を予定。また、同団体は事業拡大のため株式会社化を進めている。

ファインダウェイ「神楽坂」を英語で紹介する公開講座-東京理科大が開講(市ケ谷経済新聞)二松学舎大で創立130周年を記念した近代書道展-夏目漱石書も(市ケ谷経済新聞)上智大学構内に「セブン-イレブン」出店-イートインコーナーも(市ケ谷経済新聞)大妻女子大で「スローライフをたのしむ」公開講座、参加者募る(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加