食べる

デニーズ市ヶ谷店隣に日本初上陸のフォー専門店「PHO24」

市ケ谷駅近くの外堀通り沿いにオープンする日本初上陸のフォー専門店「PHO24」

市ケ谷駅近くの外堀通り沿いにオープンする日本初上陸のフォー専門店「PHO24」

  •  

 セブン&アイ・フードシステムズ(千代田区二番町)は7月1日、市ケ谷駅近くの外堀通り沿いに日本初上陸となるフォー専門店「PHO(フォー)24」の1号店となる「PHO24 市ヶ谷店」(新宿区市谷田町2、TEL 03-5261-2710)をオープンする。

牛肉のPHO

 「PHO24」は、ベトナムの庶民料理として親しまれているフォー(米粉麺)をメーンに提供するレストランチェーン。名前に掲げる「24」は、「24種類の素材で調理したスープ」「1日24時間で世界のどこかの店舗が営業している」ことを意味し、ベトナム国内51店舗、インドネシアや香港、フィリピンなど日本を含む国外20店舗を展開している。

[広告]

 日本1号店のオープンにあたり、同社スタッフは現地店舗での研修を実施。日本とベトナムの相互で味のチェックを行い、現地の味を再現した。年齢性別を問わず、健康に対する意識やヘルシーさを意識する老若男女をターゲットに捉え、フォーやバインミー(ベトナム式サンドイッチ)、生春巻きなどのメーン料理15アイテムを中心に、デザート、ドリンクを提供する。

 デニーズ市ヶ谷店に隣接する形でオープンする同店の店舗面積は67.61平方メートル。席数はカウンター4席とテーブル席を合わせた30席。現地同様にコーポレートカラーのグリーンを基調にした店内は、女性一人でも入りやすい明るく開放的な空間に仕上げた。

 メニューは、「牛肉のPHO」(730円)、「エビとアボカドのバインミー」(490円)、「エビと鶏肉の生春巻き」(1本200円、2本390円)、ココナツミルクで炊いたタイ産もち米を使った「ベトナム風五目おこわ」(330円)、フルーツやナタデココ、バジルシードなどをかき氷と混ぜて食べる「フルーツたっぷりのチェー」「バインフラン(ベトナムプリン)」(以上390円)など。フォーには、ミント、パクチー、モヤシ、唐辛子、ライムを別皿で提供し、好みのトッピングで味の変化を楽しむことができる。

 ドリンクメニューは、コンデンスミルク入りのベトナムコーヒー(380円)やロータスティー(280円)、ジャックフルーツジュース(290円)、Beer333(480円)など。ランチタイム(10時~15時)には、スモールサイズのフォーと生春巻きなどを組み合わせたセットメニュー(730円~)も用意する。

 「バインミーの販売は日本オリジナル。後々はフォーも含めてテークアウトも考えている」と同社広報担当の諏訪美紀子さん。本年度内にあと2店舗の出店を目指すという。

 営業時間は10時~22時。