天気予報

29

23

みん経トピックス

新潮講座「神楽坂教室」新設市ケ谷にビールと点心の店

東京都心で桜が開花 積算気温「400度の法則」との誤差は1日

東京都心で桜が開花 積算気温「400度の法則」との誤差は1日

市ケ谷駅近くで開花した桜

写真を拡大

 気象庁は3月21日、東京都心の桜(ソメイヨシノ)の開花を発表した。平年より5日、昨年より2日早い開花となる。

 毎年同庁によって行われる、東京都の桜の開花発表。標本木は靖国神社(千代田区九段北3)のソメイヨシノで、5輪以上が開花した状態が確認されることで同発表が行われる。同神社ホームページでは20日より標本木の桜をライブカメラで配信。現在、多くのつぼみをつけた桜の木を見ることができる。

 桜の開花予想の統計上の目安としては、2月1日以降の「最高気温」の積算が600度を超えると開花するという「600度の法則」や、2月1日以降の「平均気温」の積算が400度を超えると開花するという「400度の法則」が知られている。

 東京都の最高気温の積算は3月18日の段階で603度となり、「600度の法則」から予測される開花予測日とは3日ズレが生じる結果となった。「400度の法則」では3月20日の段階で405.1度となり、1日ズレが生じた。

 靖国神社周辺では今週25日から「千代田の桜祭り」が開かれる。ウェザーマップによる満開予想は3月29日、見頃は3月27日~4月3日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

市ケ谷に大日本印刷の体験型施設「DNPプラザ」がオープン(画像=1階のフォトゾーン)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング