天気予報

18

9

みん経トピックス

最高裁長官公邸一部解体へ神楽坂に箸の専門店

市ケ谷に1棟丸ごとシェアオフィスビル「Lowp」 テーマは「ものづくり365」

市ケ谷に1棟丸ごとシェアオフィスビル「Lowp」 テーマは「ものづくり365」

市ケ谷の左内坂に面した同ビル

写真を拡大 地図を拡大

 市ケ谷駅近くに3月14日、シェアオフィスビル「Lowp(ロウプ)」(新宿区市谷左内町)がオープンする。運営は広告企画制作を行うロウプ(同)。

 「ものづくり365」をテーマとする同ビル。シェアオフィスは、個室の「レジデンスルーム」、固定デスクの「レジデンスブース」、フリーアドレスの「コワーキングスペース」の3タイプを用意。会議室のほか、クリエーターのためのワークショップや勉強会を行うスペースを備える。

 同ビルでは、クリエーターの活動の幅を広げるためのインフラを意識。「ものづくり工房」やプロ仕様の「キッチン」も設ける。

 同工房は、金工や木工、塗装などに必要な多様な工具をそろえ、3Dプリンターやレーザーカッターの導入も決定している。クリエーター向けに加え、子どもたちの創造力を養うためのワークショップも予定。キッチンでは入居者にフードやドリンクの提供を行うほか、食を通じたワークショップやイベントスペースとしても貸し出す。

 現在は内覧を受け付け、17日にはオープニングイベントを行う予定。開催時間は19時~22時。入場料は1,000円(1ドリンク、軽食付き)。参加予約はウェブサイトで受け付ける。

 「Lowpは、ものづくりを通じて世の中を面白くする表現者たちの出会いやコミュニティーづくりを意識したシェアスペース」と話すロウプの中西宗義代表。「オープニングイベントには、アウトプットが持つ意味を誰よりも知っているクリエーターや起業家の方に参加してほしい」と呼び掛ける。

グローバルフォトニュース