見ると幸せに?-月2度目の満月「ブルームーン」と桜が共演する一夜

3月30日の夜、「ブルームーン」が都心でも観察された。画像は四ツ谷駅近く、聖イグナチオ教会と上智大学の間から見える「ブルームーン」と間もなく満開を迎える桜。

3月30日の夜、「ブルームーン」が都心でも観察された。画像は四ツ谷駅近く、聖イグナチオ教会と上智大学の間から見える「ブルームーン」と間もなく満開を迎える桜。

  •  
  •  

 満月の3月30日、1カ月に2度目の満月「ブルームーン」が都心でも観察された。

 「ブルームーン」については諸説あり、本来、大気中の塵の影響により月が青く見えたことを「ブルームーン」と呼んでいたが、1946年に天文雑誌の紹介によって、1カ月に2回目に見られる満月を「ブルームーン」と呼ぶようになったと言われている。

[広告]

 大気中の塵の影響で月が青く見えることもあるが、それを見ることは非常に難しいため、「極めてまれなこと」「決してあり得ないこと」といった意味を指して使われ、とても珍しい、めったにないことを表す「once in a blue moon」という言い回しも存在。「ブルームーン」を見ると幸せになれるという言い伝えもある。

 1カ月に2度満月が見られることは珍しく、今年は1月と3月がこれにあたる。朝から晴れた今日は夜になっても天候が崩れることもなく、都心の四ツ谷駅周辺でも間もなく満開を迎えようとしている桜と「ブルームーン」を同時に見ることができた。

  • はてなブックマークに追加