3密を避けて新しい生活様式へ!

女性含む自衛官16人が写真付きで「婚活」-防衛省編集協力誌で

現役自衛官の「婚活」特集を行っているMAMOR11月号(扶桑社)

現役自衛官の「婚活」特集を行っているMAMOR11月号(扶桑社)

  • 0

  •  

 防衛省(新宿区市谷本村町)が編集協力する雑誌「MAMOR(マモル)」は、9月19日発売の11月号の誌上で自衛官の「婚活」特集を実施している。

 同誌初の試みとなる「婚活」企画は、防衛省の公認企画。誌面では、結婚相手を求める現役自衛官16人(男性=13人、女性=3人)の写真付きプロフィールを公開している。交際を希望する人はEメールか郵送で応募し同誌が仲介を行う。応募の締め切りは11月20日。

[広告]

 特集では、夫婦が「出会い」や「結婚を決意した理由」「自衛官と結婚して良かったところ、悪かったところ」などのアンケート結果も公表。自衛官と結婚することの経済的メリットやサポート体制なども紹介している。自衛官と結婚した妻たちによる座談会では、「食事のスピード」や「(着替えをすぐに行うため)寝る際にパジャマを着ない」などで共感する様子が伝えられている。