天気予報

12

5

みん経トピックス

印料理店、3店舗目は四谷に市ケ谷&九段の乙女マップ

埼玉・蕨の人気「日本酒専門」居酒屋、「東京の中心部」へ移転開業

  • 0
埼玉・蕨の人気「日本酒専門」居酒屋、「東京の中心部」へ移転開業

四ツ谷にオープンした日本酒専門店「酒徒庵」。落ち着いた雰囲気の店内で250種類の日本酒と干物、カキを提供する。

写真を拡大 地図を拡大

 四ツ谷駅前から続く飲食店街の一角に9月1日、日本酒専門居酒屋「酒徒庵(しゅとあん)」(新宿区四谷1、TEL 03-3351-6119)がオープンした。

大きな冷蔵庫に並ぶ数々の日本酒

 店舗面積は41坪。随所に蔵元の前掛けをディスプレーする落ち着いた雰囲気の店内で、250銘柄をそろえる日本酒と干物、カキをメーンにした一品料理を提供する。席数はカウンターとテーブル席を合わせた55席。

 以前、同店の前身である埼玉・蕨で30年の歴史をもつ居酒屋「チョウゲン坊」の店長を務めていたという店長の竹口敏樹さん。竹口さんが店長を任された2005年から「日本酒専門店」として営業を始め、全国から日本酒ファンが訪れる人気店になったが、オーナーの意向から今年7月末で店を畳むことに。移転先を四谷に決めた理由について、「全国から来てくださっていたお客さまへの恩返しのつもりで、(どこからでも来やすい)東京の中心部であるここを選んだ」と竹口さんは話す。

 蕨時代から一新したという料理は「栄養素を考えた」料理。アルコールを分解しやすい料理や、毎日飲んで食べても体に負担のかからない料理を考えた。カキは、北海道や山形、大分、アメリカ、カナダなど日本全国、世界各地から仕入れたものを常時10種類以上用意。食べ方を「生」「焼き」「蒸し」から選ぶことができる。

 250種類の日本酒は半合で提供。竹口さんのおすすめは「あづまみね(岩手)」「たてのい(秋田)」「阿部勘(宮城)」「白露垂珠(山形)」「飛露喜(福島)」「花陽浴(埼玉)」「屋守(東京)」「相模灘(神奈川)」「青煌(山梨)」「村祐(新潟)」「風の森(三重)」「美和桜(広島)」「宮乃舞(愛媛)」など。「蔵元に依頼して作ってもらいここでしか飲むことができない」ものや、「新宿かいわいでは置いている店はここだけだと思う」というレアな銘柄まで取りそろえる。客単価は4,000円。

 ターゲットについて竹口さんは「普段日本酒を飲まない人、飲まず嫌いの人などを新たに取り込みたい」と話し、「最近、若い人のアルコール離れが進んでおり、上司や先輩と飲みに行くシーンが少なくなってきている。先輩と後輩が飲みに来られる場、人と人とを結ぶ、縁のある場にしていきたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は、平日=17時~23時、土曜・祝日=15時~21時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

神楽坂に麹を中心とした発酵食品と日本の食文化に焦点を当てたコンセプトショップ「のレンMURO神楽坂店」がオープン。甘酒やしょう油、みそなど、全国各地から取り寄せた発酵食品を販売する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング