防衛省公認、自衛官「婚活」企画-雑誌「マモル」で誌上展開

被災地で活動する自衛官たち

被災地で活動する自衛官たち

  •  

 防衛省(新宿区市谷本村町)が編集協力する雑誌「MAMOR(マモル)」は、9月19日発売の11月号の誌上で独身自衛官のための「婚活」企画を実施する。

 「マモルの婚活」と題した同企画は、日々の任務でなかなか出会いがないという独身自衛官のため、出会いのきっかけをセッティングするもの。応募受付先となる「MAMOR」編集部が取り次ぎ役となり、応募があった自衛官の写真とプロフィールを11月号誌面に掲載、交際を希望する読者からの手紙やメールを応募者に転送する。

[広告]

 現在、自衛官からの応募を受け付けており、応募条件は年齢、性別を問わず「独身自衛官」であることのみ。応募締め切りは8月7日。

 同誌として初の試みとなる今回の「婚活」企画は、防衛省の公認企画。防衛省広報担当者は「今回の企画は発行元発案の企画。防衛省としてもこうした企画に協力するのは初めて」と説明。「この企画を通して自衛官の素顔を知ってもらい、関心・理解を深めてもらえれば」と話す。