「メガ親子丼」の売れ行き好調-神楽坂の比内地鶏専門店で

1日平均4~5食は出るという「究極のとろっとろ親子丼」の「メガ盛り」(写真手前)。写真奥は「並盛り」。

1日平均4~5食は出るという「究極のとろっとろ親子丼」の「メガ盛り」(写真手前)。写真奥は「並盛り」。

  •  

 神楽坂の比内地鶏専門店「神楽坂 あべや」(新宿区神楽坂3、TEL 03-5225-2664)が提供する「究極のとろっとろ親子丼」の「メガ盛り」が、男性客を中心に好評だ。

 同店は、人気グルメ漫画「美味しんぼ」にも登場する比内地鶏生産責任者である阿部一茂さんの直営店。放し飼いで育てた秋田県比内町産の比内地鶏を使った刺身や串焼き、鍋料理などをメーンに提供する。

[広告]

 2006年のオープン当初から提供しているという「親子丼」は、ランチタイムに50食限定で提供。早い日には12時半ごろには売り切れるという人気で、小盛り(800円)、並盛り(1,000円)、大盛り(1,200円)、メガ盛り(1,800円)の4つのサイズを用意している。

 「大盛りサイズの1.5倍」という「メガ盛り」は、卵6個、ごはん450グラムを使用し、重量は約800グラム。直径約25センチの大きな器で提供する。

 「メガ盛り」を注文するのは、「ほとんどがビジネスマンや学生などの男性客」(同店)。物珍しさから2人で一つを注文する女性客や、数人のグループで訪れ、そのうちの1人だけが「メガ盛り」を注文し写真を撮って盛り上がるグループの姿も見受けられるという。注文客の約半分がリピーターであることからも人気の高さがうかがえる。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時~23時(土曜・祝日はディナー営業のみ。22時まで)。日曜定休。