美食都市1位は引き続き東京-ミシュランガイド総責任者が太鼓判

ミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレさん

ミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレさん

  • 0

  •  

 9月4日、日本ミシュランタイヤ(千代田区富士見1)が発行する「ミシュランガイド東京」に関するトークショーが行われ、同ガイドの総責任者であるジャン=リュック・ナレさんは「世界一の美食の都市として、今年も東京はそのポジションを維持するだろう」と語った。

美食家・来栖けいさんとのトークショーの様子

 「『ミシュランガイド東京2008』の製作秘話とは!?」と題して、シブヤパブリッシング(渋谷区)で行われたトークイベント「SPBSラボ」にゲストとして参加したナレさんは、ホスト役の美食家・来栖けいさんの質問に一つひとつ丁寧に回答。昨年大きな話題となった「ミシュランガイド東京2008」の製作秘話や2009年版の展望などを、時にはジョークを交えながら披露した。

[広告]

 その中で、アジア初の刊行となった2008年版で世界最多となる150軒の星付きレストランが誕生した東京について、2008年版では中心部(9つの区=千代田、中央、港、文京、豊島、新宿、渋谷、目黒、品川)のみの掲載であったが、2009年版では調査エリアを拡大していることを明言。星付き店がさらに増加し、星付き店の数で東京が世界一を継続することについても「間違いないだろう」と言及した。

 昨年「東京の星付きは150店」のニュースは、ヨーロッパ各国でも大きな驚きを持って報じられた。ナレさんは「東京の星の数」に関する質問については、「(実際に)行って、食してみてください」と話すといい、東京を知っている一流のシェフたちからは、特に大きな驚きが無かったことも明かした。

 「ミシュランガイド東京2009」の発売は11月21日。価格は2,415円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース