食べる

四谷にカジュアルレストラン「桜季」 ホテル出身のベテランシェフが出店

「桜季」店舗入り口

「桜季」店舗入り口

  •  
  •  

 「オトナノダイニング桜季(さくらぎ)」(新宿区四谷1、TEL 03-6380-1501)が、新宿通りの裏手、くすのき通りに面する1階にオープンし約2週間がたった。

国産豚ロースカツ定食(150グラム)

 昨年末まで営業していたフレンチレストラン「リザー (L'ISARD)」跡に再出店した同店。看板文字は新宿3丁目の老舗居酒屋「どん底」のオーナー矢野さんに揮毫(きごう)してもらったもの。店を切り盛りするホテルオークラ出身の店主夫妻は「洋食中心だが焼酎なども飲めるカジュアルな大人のレストランを目指す」という。席数は18席。

[広告]

 ランチは洋食メニュー3種、「国産豚ロースカツ定食(150グラム)」「ハンバーグステーキデミグラス定食(180グラム)」(以上1,000円)、「特上アンガス牛ステーキ定食(180グラム)」(1,300円)。

 夜は現在、予約コースのみに対応。3月下旬から本格的にスタートする予定。

 ランチの営業時間は11時30分~14時30分。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加