暮らす・働く

四谷にバー併設のコワーキングスペース 人と人がつながるイベントも

入り口は建物の奥に進んで発見

入り口は建物の奥に進んで発見

  •  
  •  

 コワーキングスペースの「ライフワークスペース カンパイ ヒュッテ」(新宿区四谷1)が7月1日、四ツ谷駅近くにオープンした。運営はワークアズライフ(同)。

店内風景(画像提供)

 都内でコワーキングスペースが急増する中、今年起業した同社は「乾杯を通して気軽につながり、挑戦を応援し合える山小屋(ヒュッテ)のようなスペース」を目指す。

[広告]

 コワーキングスペースは会員登録すれば無料でWi-fi・電源が完備されたスペースにドロップインでき、ドリンク飲み放題(150円)。プレミアムメンバー(月額3万5,000円~)になれば、セキュリティールームで専用固定デスクが使え、登記利用、郵便受け取り、入り口サインプレート、鍵付きワゴンなどのサービスがある。

 他にも学生向けの就職相談・仕事体験、社会人向けの転職相談ができる仕組みや、就職内定者と語る会などさまざまなイベントを行い、併設のバーではビール、ハイボール、各種サワー、ワイン(以上500円)、軽食などを各種取りそろえ、乾杯を通した人の出会いを狙う。

 営業時間は9時30分~22時30分。

  • はてなブックマークに追加