見る・遊ぶ

靖国神社で47都道府県「さくら陶板」披露 創立150年記念外苑整備工事進む

神奈川県・東京都・千葉県のさくら陶板

神奈川県・東京都・千葉県のさくら陶板

  •  
  •  

 靖国神社(千代田区九段北3)で創立150年記念事業の一つとして、全国47都道府県の著名陶工制作による「さくら陶板」竣成(しゅんせい)記念式典・内覧会が6月12日に行われた。

テープカットの様子

 靖国神社は2016(平成28)年より創立150年記念事業として、本殿・拝殿・霊璽(れいじ)簿奉安殿関連工事と靖國会館内装改修・休憩所設置工事、外苑整備工事を進めてきた。

[広告]

 今回、外苑整備工事に伴い、本殿への参拝誘導と慰霊の心に触れる空間を創作する「いざないプロジェクト」で新たに外苑東側に整備された「慰霊の庭」に、「さくら陶板」を設置。テープカットには、靖国神社宮司の山口建史さん、崇敬奉賛会会長の扇千景さん、今日庵裏千家大宗匠の千玄室さんらを迎え、制作に当たった陶工や各地の神社からの招待客らとともに竣成を祝った。

 「さくら陶板」は、人間国宝に認定された井上萬二さん(佐賀県在住)、原清さん(埼玉県在住)をはじめとした全国47都道府県の陶工が、「さくらの花弁」をモチーフとして各都道府県で採取した土を用い、現地の窯で焼成、制作・奉納した。

 靖国神社の開門参拝時間は6時~18時(3月~10月)。

  • はてなブックマークに追加