学ぶ・知る

韓国文化院開館40周年記念 韓国工芸展示、伝統芸術公演も

新宿通りに面する韓国文化院

新宿通りに面する韓国文化院

  •  
  •  

 韓国文化院は5月10日に開院40周年を迎えることを記念し、駐日韓国大使館 韓国文化院(新宿区四谷4)で記念展示と公演を行う。主催は韓国文化体育観光部海外文化弘報院、駐日韓国大使館韓国文化院。

木漆工芸展示品 ソル・イファン作「木我一体」(画像提供:韓国文化院)

 記念展示は「2019韓国工芸の法古創新~水墨の独白」と題し、「水墨の独白」をテーマに、白と黒で表現された新作の工芸品を「ギャラリーMI」で展示する。展示の構成は韓国ファッション界で有名なジョン・グホ芸術監督が担当し、人間国宝をはじめ、韓国を代表する作家23名による新作の韓国工芸作品74点を紹介する。開催時間は10時~17時。日曜定休。入場無料。5月10日~6月11日まで。

[広告]

 記念公演は「歌(ソリ)が舞(チュム)を呼ぶ」と題し、韓国伝統芸術家による数々の「歌・舞・楽」舞台と、日本の伝統楽器奏者の大倉正之助さん(大鼓)と横澤和也さん(笛)による新元号「令和」を記念した新作プログラム「令和獅子」などを「ハンマダンホール」で行う。

 公演は5月10日。18時30分開場、19時開演。入場無料。事前申し込みによる招待制(4月21日応募締め切り)。

  • はてなブックマークに追加