食べる

半蔵門に福岡県初のアンテナレストラン「福扇華(ふくおか)」「ふくおか会館」跡に

福岡県初のアンテナレストラン「福扇華(ふくおか)」入口

福岡県初のアンテナレストラン「福扇華(ふくおか)」入口

  •  

 福岡県初のアンテナレストラン「福扇華(ふくおか)」(千代田区麹町1、TEL 03-3288-2170)が11月21日、半蔵門の半蔵濠に面する英国大使館隣にオープンした.。

「ふくおか会館」跡に完成した「住友不動産ふくおか半蔵門ビル」

 「福扇華(ふくおか)」は福岡県の委託で、「トリゼンフーズ」(福岡市博多区千代1)が運営する福岡県初の情報発信機能を持つアンテナレストラン。店名には末広がりの扇にちなみ福岡県の発展への思いを込めた。店舗面積は約270平方メートル、座席は76席を用意する。

[広告]

 レストランでは福岡県の郷土料理をはじめ、旅行者に人気の高い福岡の食材を取り入れた日本料理を提供する。内装は県産材や伝統工芸品で仕上げ、福岡県のブランド農林水産品や伝統工芸品などを展示販売する。店内にはイベントスペースを設置し、県関連のイベントや商談会なども実施できるようにした。

 昼のメニューは「博多和牛すき焼き御膳」(2,500円)、「玄界灘の天然真鯛茶漬け御膳」(1,800円)、「ごまかんぱち丼」「週替わり御膳」(以上1,380円)など。夜のメニューは「玄界灘の天然真鯛しゃぶしゃぶコース」(7,500円~)、博多和牛すき焼きコース(7,500円~)、水たきコース(6,000円~)など。ドリンクメニューは福岡県各地の日本酒や焼酎を中心に各種取りそろえる。

 営業時間は昼の部=11時30分~15時、夜の部=17時~22時、土曜は夜の部のみ。日曜・祝日は完全予約制。