見る・遊ぶ 学ぶ・知る

飯田橋駅前で「マンガ複製原画展」 版元25社が一押し作品出品

「ラムラコミックギャラリーフェスティバル2018」

「ラムラコミックギャラリーフェスティバル2018」

  •  

 飯田橋駅前にあるショッピングセンター「飯田橋ラムラ」(新宿区神楽河岸1)館内エントランスホールで現在、「RAMLA Comic Gallery Festival 2018 ~マンガ複製原画展~」が開催されている。

ラムラ2階入り口

 「飯田橋・神楽坂には出版社が多数あることから、芸術の秋らしく漫画原画展を企画したところ多くの出版社から賛同いただき初の開催となった」とラムラ事務局の岡崎誠さん。25の版元が、1社1作品ずつ一押しの作品を出品。幅広い年齢層が楽しめる構成で、現在放映中のドラマ原作や、今秋よりドラマ化される作品などの複製原画を展示する。

[広告]

 参加版元は、秋田書店、一迅社、NHN comico、宙出版、KADOKAWA、幻冬舎コミックス、コアミックス、講談社、集英社クリエイティブ、小学館、祥伝社、新潮社、スクウェア・エニックス、竹書房、日本文芸社、白泉社、ヒーローズ、双葉社、フレックスコミックス、フロンティアワークス、ぶんか社、芳文社、LINE Digital Frontier、リイド社、リブレ(50音順)。

 開催記念として「展示作品単行本」のプレゼントキャンペーンも実施予定。開催時間は10時~21時。入場無料。9月30日まで。