見る・遊ぶ 学ぶ・知る

四谷消防署で「四谷消ぼう祭」 「VR防災体験車」が初登場

ヘッドマウントディスプレーとVR映像で災害疑似体験ができるVR防災体験車

ヘッドマウントディスプレーとVR映像で災害疑似体験ができるVR防災体験車

  •  

 四谷消防署(新宿区四谷3)で、8月25日、防火防災の知識を学び体験できる「四谷消ぼう祭」が開催される。

 毎年行われてきた「四谷消ぼう祭」に、今年はVR防災体験車が初登場し、ヘッドマウントディスプレーとVR映像でリアルな臨場感を感じる災害疑似体験(今回は特に「火災」の疑似体験)ができるようにする。他にもさまざまな車両や資器材の展示、はしご車の乗車体験、初期消火訓練、煙体験、避難訓練、119番通報訓練、応急救護訓練など、普段知ることのできないリアルな体験ができる。また景品が当たるスタンプラリーも行う。

[広告]

 開催時間は11時~15時(VR防災体験車乗車体験は11時~13時、はしご車乗車体験は20組限定で13時から抽選)。入場無料。

 併設の消防博物館(四谷3)では、小中学生と家族連れの来館者を対象に夏の特別展「関東大震災-炎の記憶-」を開催中。開館時間は9時30分~17時。月曜休館(8月30日は臨時休館)。入場無料。9月2日まで。