見る・遊ぶ 学ぶ・知る

8月8日は「プチプチの日」 市ヶ谷駅前などでプチプチグッズ無料配布

デザインと使いやすさにこだわった今年のオリジナルプチプチグッズ

デザインと使いやすさにこだわった今年のオリジナルプチプチグッズ

  •  

 緩衝材として使う気泡シート「プチプチ」の製造販売を手掛ける川上産業(千代田区五番町6)が「プチプチの日」の8月8日、JR市ヶ谷駅前をはじめ全国21カ所でオリジナルプチプチグッズを無料配布する。

今年のプロジェクト担当・渡邉千咲さん

 数字の「8」がプチプチの粒々の配列を連想させ、指でつぶす音がパチパチ(88)とすることから、8月8日は2000年に「プチプチの日」として日本記念日協会が認定。毎年新入社員を中心にしたプロジェクトチームにより、プチプチの新しい可能性を広く知ってもらうために、オリジナルグッズ配布などのイベントを行っている。

[広告]

 19回目となる今年も本店があるJR市ヶ谷駅前をはじめ、札幌駅、仙台駅、高崎駅、渋谷駅、横浜駅、名古屋駅、金沢駅、博多駅など全国18カ所で配布する。

 さらに今年は、「チームラボ」が進める教育プロジェクト「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」(神奈川、埼玉、福岡の3カ所)で「プチプチパーティー!」を開催する。パーティーではプチプチを使った工作教室やお絵描き、プチプチの秘密を知ることができるワークショップなどを実施。夏休みの子どもを対象に、普段知ることのできないプチプチのさまざまな知識を知ることができるよう工夫する。

JR市ヶ谷駅前での配布は8時15分からを予定(無くなり次第終了)。