食べる

奥神楽坂にかん酒メインの日本酒バー 元「神楽坂 ろびん」店主が開業

奥神楽坂に日本酒バー「カンザケとアテ 豆燗(まめかん)」がオープン

奥神楽坂に日本酒バー「カンザケとアテ 豆燗(まめかん)」がオープン

  •  

 奥神楽坂エリアにあるハンバーガーレストラン「マティーニバーガー」近くの路地に1月10日、日本酒バー「カンザケとアテ 豆燗(まめかん)」(新宿区天神町、TEL 080-6251-8327)がオープンした。

 ひと手間をかけて丁寧につける燗酒(かんざけ)をメインに、酒に合わせたアテ(つまみ)を提供する同店。店主の一丸憲子さんは以前、神楽坂で焼酎バーや酒と小料理の店「神楽坂 ろびん」を経営し、老舗酒店「伊勢五本店」中目黒店の角打ちバーでの勤務を経て、再び独立した。店舗面積は約10坪。席数はカウンター9席。

[広告]

 「おかんは手間がかかるのでなかなか家で楽しむ方は少ない。ゆとりの時間、ひと手間を楽しんでいただきたい」と一丸さん。生もと、山廃、熟成酒、無ろ過原酒などうま味が濃いめの日本酒を適温で提供する。

 日本酒は、群馬泉(群馬)、悦凱陣(香川)、神亀(埼玉)、雪の茅舎(秋田)、旭若松(徳島)、十旭日(島根)、カネナカ(山口)、賀茂金秀(広島)、伊根満開(京都)、獅子の里オリゼー(石川)など、常時約20銘柄を取りそろえる。価格は5勺(しゃく)560円~。

 アテは、マンゴーみそ、コーヒーしょうゆ漬けチーズ、干し納豆クリームチーズ、黒豆甘納豆の黒糖焼酎漬けなどを盛り合わせた「発酵珍味ちょこちょこ盛り」(920円)、「へしこと山クラゲのポテトサラダ」「ゴボウとクルミの塩きんぴら ほんのりトリュフ風味」(以上480円)、「大人のフルーツサンド」(680円)、「奈良漬けアイスクリーム」(300円)などを用意する。価格は全て税別。

 「店主が女性なので女性一人でもお越しいただきたい。近くにお住まいの方がちょっと温まって行こうかな、と寄ってくだされば」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時30分~23時(ラストオーダー)。日曜・祝日・第1月曜定休。