グランドプリンスホテル赤坂で「発明の日フェスタ」-意匠制度120周年

特許庁1階ロビーに展示してある意匠登録第1号の「雲井織」

特許庁1階ロビーに展示してある意匠登録第1号の「雲井織」

  • 0

  •  

 特許庁(千代田区)は「発明の日」を記念し4月18日、グランドプリンスホテル赤坂(千代田区紀尾井町1)で、「発明の日フェスタ」を開催する。

 「発明の日」とは、日本の産業の発展の基礎となった専売特許条例(現在の特許法)が1885年4月18日に公布されたのを記念し、産業財産制度の普及や啓発を図ることを目的に、1954年に制定。意匠の登録制度の始まりは1888年の意匠条例で、今年120周年を迎える。

[広告]

 同会場では、産業財産権制度の活用、普及に貢献した人物や企業を表彰する知財功労賞表彰式をはじめ、発明の日記念シンポジウムや意匠制度120周年記念イベントを開催予定。

 同庁1階ロビーでは4月7日~4月25日、「発明の日」記念展示を行っており、各経済産業局や沖縄総合事務局でも18日以降、小中学生を対象とした工作教室や科学実験ショーなど、エリア毎に趣向を凝らした記念イベントを開催する。

特許庁発明の日フェスタ 特設サイト浅野忠信さんら6人が監督に-映画「R246 STORY」製作発表(市ケ谷経済新聞)女性のアイデア満載-婦人発明家協会が新宿で「なるほど展」(新宿経済新聞)

  • はてなブックマークに追加