食べる 見る・遊ぶ

神楽坂に豚料理店「シャ豚ブリアン」 しゃぶしゃぶやヒレカツ提供

神楽坂駅近くの路地にオープンした豚料理専門店「シャ豚(トン)ブリアン」オーナーシェフの宮野長司さん

神楽坂駅近くの路地にオープンした豚料理専門店「シャ豚(トン)ブリアン」オーナーシェフの宮野長司さん

  •  

 神楽坂駅近くの路地に3月9日、豚料理専門店「シャ豚(トン)ブリアン」(新宿区神楽坂6、TEL 03-6265-3799)がオープンした。店舗面積は20坪。席数は1階カウンター席と2階テーブル席を合わせて30席。

豚ヒレ肉の中心部分を使った「シャ豚ブリアンヒレカツ」

 店名の「シャ豚ブリアン」とは、豚ヒレ肉の中心部分を指し、豚一頭からわずかしか取ることができない希少部位。同店では群馬県太田市のブランド豚「くちどけ加藤ポーク」と北海道日高市の「神威(カムイ)豚」を使い、「シャ豚ブリアンヒレカツ」をはじめとする豚料理を提供する。

[広告]

 しゃぶしゃぶは、牛のテールスープで提供する「水炊き風コラーゲンしゃぶしゃぶ」(1人前、くちどけ加藤ポーク=2,150円、神威豚=2,000円)と、北海道産利尻昆布だしで提供する「しゃぶしゃぶ」(同、同=1,850円、同=1,700円)の2種類を用意する(注文はそれぞれ2人前から)。

 水炊き風のしゃぶしゃぶにはゆずこしょうやゴマ、黒七味、昆布だしのしゃぶしゃぶには九条ネギや紅葉おろし、自家製ラー油、京さんしょう、パクチーなどの薬味を用意。オーナーシェフの宮野長司さんは「新しい食べ方も提案していきたい」と話す。

 しゃぶしゃぶのほか、「シャ豚ブリアンヒレカツ」(1切れ750円~)、あらかじめ骨を外した「食べやすい豚足」「豚ミノ胡麻(ごま)和(あ)え」(以上500円)、「ネギタン刺し」(630円)、「パクチーサラダ」(680円)などの一品料理もそろえる。

 ドリンクメニューは、エビス生ビール、レモンサワー、ハイボール(以上580円)、ワイン(グラス=650円~、ボトル=3,200円~)、果実酒(600円~)、焼酎(650円)、日本酒(850円~)など(価格は全て税別)。客単価は6,000円を見込む。

 宮野さんは「この業態で多店舗展開を目指している。おいしい豚料理はたくさんあると思うが、それを超えられるようなものを提供してきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は17時30分~23時(ラストオーダー)。