食べる

四谷・荒木町に「お野菜カフェ」 野菜主役で「体の中からキレイに」を提案

中村綾子オーナー(左)と坂田美里店長

中村綾子オーナー(左)と坂田美里店長

  •  

 四谷・荒木町の杉大門通りに4月21日、「お野菜カフェ『アトリエ ラムカーナ』」(新宿区荒木町、TEL 050-3576-8311)がオープンした。

ミントブルーがテーマカラーの店舗外観

 荒木町で7年営業する、「たっぷり野菜とチーズフォンデュの店『ラムカーナ』」の姉妹店。店舗面積は8坪。席数は、カウンター5席、テーブル7席。店名は、オーナー夫妻の名字「中村」を逆さ読みしたもの。

[広告]

 「ラムカーナで提供している野菜のデザートが好評で、持ち帰りの要望も多かった。たまたまカフェ出店の話があり、チャレンジしてみることにした」とオーナーの中村綾子さん。「荒木町は和食系の店が多く、男性の街というイメージ。洋食系で野菜をたくさん食べられる店があれば、若い女性ももっと来てくれるのでは」と話す。

 主なメニューは、契約農家から届く新鮮な野菜などの具材をふんだんに挟んで焼き上げる「ホットプレスサンド」(冷製ミニポタージュ・サラダ・ドリンク付き、1,000円)、「スモークベーコンとお野菜のキッシュ」(サラダ・ドリンク付き、1,000円)、「20品目が摂(と)れるボウルサラダ」(バケット・ドリンク付き、1,200円)。

 そのほか、シーズンや日によって変わる「お野菜のデザート」や動物性食材を使わないマクロビオティック、ビーガンにもお薦めという「お野菜マフィン」、「オーガニックコーヒー」(450円)、「有機フレッシュハーブティー」(500円)など。今後は少しずつメニューを増やすことも計画している。

 「女性ターゲットのつもりだったが、普段の野菜不足を解消しようという男性客も多い」という。「夜の飲み屋の印象が強い荒木町だが、昼もやっている。ランチタイムやティータイムに、若い人や奥さまたちが行き交う街になるといい。ちょうど杉大門通りの真ん中あたりで、お待ちしている」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時30分~18時。日曜・火曜定休。