食べる

市ケ谷に英国スタイルのデリベーカリー 店長は元国際弁護士のイギリス人

店長のイアンさん

店長のイアンさん

  •  
  •  

 靖国神社南門近くの路地裏に11月24日、イギリス料理を中心に扱うテークアウト専門のデリベーカリー「SWAN&LION(スワンアンドライオン)」(千代田区九段南3、TEL 03-6884-3448)がオープンした。店舗面積は15坪。

店内には手作りの伝統的なイギリス料理が並ぶ

 保存料や添加物を使わず、イギリスの伝統的な手法で作るパイやスイーツ、ジャムなどを提供することが特徴の同店。「イギリスにはフィッシュ&チップス以外にもおいしい料理がたくさんあることを伝えたかった」と話すのはイギリス出身の店長、イアン・ギビンスさん。元国際弁護士という異色の経歴の持ち主だ。

[広告]

 15歳のころから趣味で料理を始め、弁護士の資格を取得後、オーストラリアへ移住。5年ほど前に国際弁護士として来日し、働きながら休日にマルシェに出店するという生活を2年ほど続けた。その後、同店のオープンを決意し、今年の10月ごろに弁護士を退職。現在に至る。

 マルシェ出店の際には、商品の搬入などを自転車で行っていた。そのため、同店のロゴには日本を表す「松」とオーストラリアを表す「白鳥」、イギリスを表す「ライオン」が「自転車のチェーン」でつながれ、その上部に平和の象徴である「ハト」があしらわれている。

 提供するフードには旬の日本の食材を使うことにこだわる。ラインアップは「BBQプルドポーク&ビーンズ」「ビーフパイ」「ローストチキンきのこクリーム」(以上700円)などの総菜系パイをはじめ、「アップル&エルダーフラワーパイ」(1ピース360円)、ドライフルーツで作る「ミンスパイ」(170円)、「カスタードタルト」(220円)などのスイーツパイやタルトを用意する。

 カレー風味のピクルス「ピカリリ」(972円)や「スパイシートマトとナスのチャツネ」(864円)などの保存食、「レモンカード」(648円)、「ブランデーバター」(756円)など瓶詰め商品もそろえる。ランチタイムには日替わりシチューとパン、サラダがセットになったランチボックスも提供(Sサイズ700円、Lサイズ800円)。オンラインショップでの販売やケータリングサービスも行う。

 「今後はカフェスペースを設けた店を開くことが目標。気軽に遊びに来るような感覚でお店に足を運んでもらえれば」とイアンさんはほほ笑む。

 営業時間は11時~18時。土曜・日曜・祝日定休(マルシェへの出店は有り)。

  • はてなブックマークに追加