見る・遊ぶ

靖国神社が「みらいとてらす」初開催へ ライトアップやプロジェクションマッピングも

初開催となる夜間参拝「みらいとてらす-秋を彩る九段の光-」

初開催となる夜間参拝「みらいとてらす-秋を彩る九段の光-」

  • 0

  •  

 靖国神社(千代田区九段北3)が9月25日~27日、夜の境内をライトアップし、夜間参拝「みらいとてらす-秋を彩る九段の光-」を初開催する。

秋田市竿燈会による「竿燈」

 同イベントは、終戦70年の節目に、平和への感謝と祈りの気持ちを次世代に向けてささげてほしいという願いから企画したもの。通常18時までの開門参拝時間を21時まで延長し、同神社内各所でライトアップやさまざまなイベントを行う。

[広告]

 奉納行事として、秋田市竿燈会による「竿燈」、静岡県西部地区神道青年会・豊橋祇園祭奉賛会による「手筒花火」、北の御門連・かぐら連などにより「阿波踊り」、靖国神社仕女・(一社)神社音楽協会による「神前神楽舞」、「秋の夜長ライブ」、音羽ゆりかご会による「合唱」、陣中太鼓による「和太鼓」を行う。奉納行事は見学自由。

 同神社境内では「みらいとてらすスペシャルライティング」と銘打ち、各所でライトアップを行うほか、第一鳥居前と遊就館ではプロジェクションマッピングを予定している。

 飲食についてはキッチンカーでの出店はあるが酒類の販売はない。各種行事やイベントの開催日時や参加方法は靖国神社ホームページで確認できる。