暮らす・働く

神楽坂で「コボちゃん銅像」除幕式 作者の植田まさし氏も参加

神楽坂に設置されたコボちゃん銅像

神楽坂に設置されたコボちゃん銅像

  •  
  •  

 読売新聞朝刊に連載中の4コマ漫画「コボちゃん」の主人公「コボちゃん」の銅像設置を記念するイベントが8月16日、神楽坂のパークリュクス神楽坂前(新宿区神楽坂6)で行われた。

コボちゃん銅像と植田まさし氏

 同銅像の大きさは台座20センチで像は約80センチ。神楽坂商店街振興組合が都と新宿区の補助を受け彫刻家・山田朝彦さんが制作した。

[広告]

 同漫画作者の植田まさし氏は神楽坂在住35年以上。東京メトロ神楽坂駅A1出口に設置されている町内マップにイラストを提供するなど、地元・神楽坂の活性化にも携わってきた。今回設置された銅像は、同マップに提供されたイラストを基にしたという。

 山田さんは「ブロンズ像を作るにあたり、植田先生のコボちゃんに対する深い深い愛情を表現した」と話す。「通りがかった際にはぜひコボちゃんに声をかけてみてほしい。きっとコボちゃんは心に思った言葉を皆さんの心の中に語りかけてくれるはず」とも。

  • はてなブックマークに追加