食べる

神楽坂に和カフェ「かぐらちゃか」 オーダーメード方式でパフェ提供

同店店頭

同店店頭

  • 0

  •  

 神楽坂に7月8日、和カフェ「かぐらちゃか」(新宿区神楽坂5、TEL 03-6228-1851)がオープンした。店舗面積は1フロア10坪の3階建て。座席数は1階カウンター6席、2階がテーブル21席、3階が座敷25席の計52席。

求肥や抹茶わらびもちなどをチョイスしたパフェ(Lサイズ)

 オーダーメードスタイルのオリジナル和パフェが特徴の同店。塩まめや粒あん、求肥(ぎゅうひ)、きな粉わらびもちなど「和」をテーマにした24種類以上のトッピングの中から、好みの食材を選ぶことで自分好みのパフェを楽しむことができる。

[広告]

 「神楽坂の和の雰囲気を生かした、好きなスイーツを好きなだけ食べることのできるカフェをつくりたかった」と話すのはオーナーの古川さん。以前、神楽坂を訪れた際、その雰囲気に魅了され、同地でカフェを開くことが夢だったという。

 パフェのラインアップと価格は、Sサイズ(トッピング6種)=800円、Mサイズ(8種)=1,000円、Lサイズ(10種)=1,200円の3種類。トッピングは同じものも選ぶことができる(ジェラートのみ制限有)ほか、おまかせも。

 そのほかのスイーツメニューにはジェラートや求肥など7種類のトッピングと最中がセットになった「お好み最中セット」(1,000円)や「抹茶ロールケーキ」(700円)、「ワッフルお餅入り」(800円)、「田舎しるこ」(700円)などパフェ以外の甘味も充実させる。

 フードメニューにもこだわり、鳥取県の大山どりを使った「大山どり炊き込みご飯」や「野菜たっぷり鶏白湯スープ焼きもち入り」、築地「中川屋」から仕入れた漬物を使った「たくさんのお漬物とごはんのセット」、「まぐろかぐらちゃか飯」(以上1,000円)などを用意。

 ドリンクメニューは岡山県高梁市で作られている「日本の紅茶 高梁紅茶」や「本日の玉露」、「季節のソーダ」(以上700円)など。

 営業時間は11時30分~20時30分。