天気予報

27

19

みん経トピックス

千代田区で松下幸之助女子会神楽坂にビールとワインの店

荒木町にネルドリップで入れるコーヒー専門店 コワーキング利用も

  • 0
荒木町にネルドリップで入れるコーヒー専門店 コワーキング利用も

ブレンドとネコの焼き菓子

写真を拡大 地図を拡大

 四谷荒木町に、コーヒー専門店「猫廼舎(ねこのや)」(新宿区荒木町8)がオープンして2カ月がたった。店舗面積は9.7坪。座席数は14~16席。

(関連画像)同店の荻野店長

 「以前から取引先やフリーランスの方が自由に集まり、コーヒーを楽しむことができる空間を、社内につくりたかった」と話すのは店長の荻野さん。当初は、もともと経営していたIT関連の会社の事務所を探していた。その中で紹介を受けた今の店舗を一目で気に入り、喫茶店メーンの事務所を持つことに決めたという。「新しい事務所を紹介すると言って連れてきた人たちは、みんな驚いていました」と荻野さんは笑う。

 コーヒーはオーダーを受けてから、豆をひき、ネルドリップで抽出したものを提供する。全国のコーヒー店を飲み歩く中で、一番おいしいと感じた入れ方がネルドリップだったという。豆は主にイエメンとエチオピアのものを使用。ブレンドは4種類ほどを用意し、来客者の雰囲気などに合わせて豆を選ぶ。

 コーヒーカップにもこだわり、店内に並ぶ数十種類のカップはすべて有田焼のもので統一。ブレンドと同様に、来客者の様子やその場の雰囲気に合わせて、デザインを選ぶ。

 荻野さんがネコ好きということもあり、店内には自宅で飼っているネコの写真や、ネコに関する書籍、インテリアなどが並ぶ。店名の「猫廼舎」は、ネコと、以前その場所に入居していた居酒屋の名称「春廼舎(はるのや)」を組み合わせたもの。

 メニューは、「ブレンド」(700円)、「スペシャルな豆」(800円~)、「デミタス」(900円)、「アイス濃いめ」「アイス大きめ」、「カフェオレ」(以上800円)、小菓子各種(100円~)、ケーキ各種(400円~)。

 「ゆくゆくは店内で焙煎(ばいせん)したコーヒー豆も提供したい。イベントなども行っているので気軽に足を運んでもらえれば。コワーキングのような使い方も大歓迎」と荻野さん。

 営業時間は、水曜~土曜=12時~24時(日曜は18時まで、急な変更もあり)。月曜・火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

飯田橋にあるアンスティチュ・フランセ東京で「第9回 美食の祭典」を開催。野外ステージではシェフたちによる「クッキングショー」も(画像=過去開催時の様子)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング