天気予報

26

19

みん経トピックス

神楽坂にニンニク料理2号店荒木町に炭火焼きダイニング

神楽坂にインドエステの新店、「ドS」メニューが人気に

  • 0
神楽坂にインドエステの新店、「ドS」メニューが人気に

同店スタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 飯田橋駅近くに1月23日、インドエステサロン「Hari Libur(ハリリブール)神楽坂店」(新宿区神楽坂1、TEL 03-6228-1224)がオープンした。亀戸本店、亀戸リブラン、葛西店に続く4店舗目。

神楽坂通りにある同店看板

 神楽坂通りに設置された「衝撃!ドS」のインパクトある看板。「ウルトラ痩身(そうしん)インドエステ」とはどのようなものか体験してみた。

 まずはリンパ節マッサージでリンパの流れをスムーズに。この段階で結構痛い。続いてインドオイルマッサージで毒素や老廃物をリンパ節へ流し込みつつ、プロの手技でボディーメーキングしていく。全身を丁寧にもみほぐすのだが、場所によっては本当に絶叫の痛さ。とにかくマッサージの圧が強い。

 そもそもインドエステとは、インド3千年の歴史をもつアーユルヴェーダに痩身をプラスしたものだという。

 「おかげさまでどんどん予約も入っていて、リピート率も高い。強いマッサージでもっと結果が欲しいという方が来店している」とエステティシャンの野田侑希さん。「皆さん、看板のゆがんだ顔を見て、これは何だかすごそうだと感じて来てくださる」という。

 「老廃物などの詰まりが激しいほど痛いので、初回はほとんどの方がものすごく痛がる。でもだんだん流れが良くなると痛みが消え、成果も実感できるのでリピートにつながる」と話す。「ドMなお客さまが多いので」とも。

 もともと新宿方面からの顧客も多く、出店の要望が強かったという。「神楽坂は女性が多くておしゃれな街という印象。今までの痩身エステに満足できなかった方にぜひインドエステを体験してみてほしい」とほほ笑む。

 主な施術メニューは「ウルトラ痩身インドエステ」(100分=1万2,800円、初回限定7,800円)、「超絶小顔インドフェイシャル」(60分=1万2,000円、初回限定6,000円)など。施術室は4部屋。

 営業時間は11時~22時(20時最終受け付け)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

四谷荒木町の居酒屋「K’Z kitchen(カズキッチン)」が期間限定の「ラムしゃぶ酒場 K’Z kitchen」として提供する「ラムしゃぶ」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング