食べる

神楽坂にラーメン店「田中屋」-「田中商店」系列の新店

神楽坂上交差点近くの路地にオープンした「田中屋」

神楽坂上交差点近くの路地にオープンした「田中屋」

  •  
  •  

 神楽坂上交差点近くの路地に、人気ラーメン店「田中商店」の系列店「田中屋」(新宿区神楽坂6、TEL 03-5579-2167)が10月22日オープンした。席数はカウンターのみの13席。経営は「田中商店」「田中そば店」などを展開するGMSホールディング・グループ(足立区)。

カウンター13席の店内

 もともと「田中商店」は博多ラーメンの有名店で味の濃厚さを売りにしてきたが、年配者にも配慮し「やさしいラーメン」を追求した結果、豚骨スープと煮干しをブレンドした味に行き着いたという。麺はスープのからみやすい平打ち麺、「透明度にはこだわっている」(白石卓店長)という澄み切ったスープ、しっかりした味付けで柔らかく煮込まれた厚めのチャーシューが特徴だ。

[広告]

 メニューは、中華そば(780円)、ねぎそば(950円)、肉そば(1000円)、山形みそラーメン(900円)の4種類。明太(めんたい)ごはん(300円)、特製肉めし(300円)などサイドメニューのほか、トッピングは塩味卵(120円)のみで、大盛りは100円増し。

 「競争の激しいラーメン業界で、人間味のある店を目指していきたい」と白石店長。学生から年配層まで幅広くターゲットに据える。

 営業時間は11時~21時。