食べる 買う 暮らす・働く

新潮社とサザビーリーグによる神楽坂の商業施設-10月10日開業へ

記者会見に出席した(右から)佐藤隆信新潮社社長、鈴木陸三サザビーリーグ会長、建築家・隈研吾さん

記者会見に出席した(右から)佐藤隆信新潮社社長、鈴木陸三サザビーリーグ会長、建築家・隈研吾さん

  • 0

  •  

 新潮社(新宿区矢来町)とサザビーリーグ(渋谷区)は8月26日、両社協力のもと進める商業施設「la kagu(ラカグ)」を10月10日にグランドオープンすると発表した。

新施設工事中の現場

 同プロジェクトは新潮社が所有する神楽坂駅前の土地および倉庫を神楽坂にゆかりのある建築家・隈研吾さん率いる隈研吾建築都市設計事務所のデザイン監修により改修し、サザビーリーグが施設の開発および運営を行うもの。「衣」「食」「住」に「知」を融合した商業施設となる。

[広告]

 この日、新潮社で開かれた記者会見には、隈研吾さん、鈴木陸三サザビーリーグ会長、佐藤隆信新潮社社長が出席。プロジェクトの経緯や目的、プロジェクトに対する思いなどを語ったほか、施設の詳細も明らかにした。

 昭和44年に建てられ、25年以上使われていなかったという「北倉庫」をあえてそのまま生かした工業的な空間に、ウッドデッキと2階へつながる大階段を新設。1階に大手セレクトショップのバイヤーを務めた安藤桃代さんセレクトのウィメンズファッション、スタイリスト・岡尾美代子さんが担当する生活雑貨、フードキュレーターに鎌倉の人気店「LONGTRACK FOODS」の馬詰佳香さん、オペレーションにシャルキュトリー専門店「コダマ」を迎えた開放感のある50席のカフェ、2階に田中行太さんセレクトのメンズファッション、ブックディレクターの幅允孝さんが選んだ本の販売や本にまつわる展示などを行うブックスペース、北欧ヴィンテージ家具の名店「Haluta」がそろえる家具、本にまつわるイベントを中心にワークショップなどを開催できるレクチャースペースを配置する。

 テラスでは定期的にファーマーズマーケット「la kagu market」を開催予定。長年食材のカルチャー誌のエディターを務めた小林淳一さんが担当し、神楽坂の「八百屋 瑞花」やプリンと焼き菓子の店「ACHO」、フォカッチャ専門店「フォカッチェリア アルタムーラ」をはじめ、全国各地の生産者による農産物と加工品を販売する。

 出版業界の売り上げが落ちていく中、倉庫を使って何かできないかと考えていたという新潮社。面白いことができる可能性があるのではとサザビーリーグに打診した。「好奇心と面白がる精神があってこそ読者に伝わる。読者とつながる場ができることでその精神が取り戻せるのでは」と佐藤社長。「ここに人が集まることによって街全体の活性化につながれば」と期待を込める。

 営業時間は、ショップ=11時~20時、カフェ=8時~22時。

  • はてなブックマークに追加