食べる

飯田橋に期間限定「フィリピンエアラインカフェ」-トラベルカフェで開催

期間限定で「フィリピンエアラインカフェ」に変わった「トラベルカフェ 飯田橋店」

期間限定で「フィリピンエアラインカフェ」に変わった「トラベルカフェ 飯田橋店」

  •  
  •  

 JR飯田橋駅東口近くの「トラベルカフェ 飯田橋店」(千代田区飯田橋3)で7月5日、3月から羽田発着便の就航が始まったフィリピン航空をPRする期間限定企画「フィリピンエアラインカフェ」が始まった。

提供されるフィリピンフードの数々

 期間中は「フィリピンリゾート」をイメージした店内で、フィリピン料理の提供やフィリピンの最新情報を発信。テーブルやコースターをはじめ、店内随所をフィリピンの風景やフードなどを写したポスターやボードなどでディスプレーし、店内に設置したモニターでは映像も流すほか、フィリピン・ボアカイ島への航空ペアチケットが当たる抽選会を実施する。

[広告]

 主なメニューは、甘酸っぱく味付けした豚の角煮「アドボ」をワンプレートで提供するランチタイム限定の「アドボプレート」(800円)、カガヤン州テュゲガラオ市の名物麺料理「パンシット・カガヤン」(780円)、ディナータイム限定の「パクパク(手羽先)」(680円)、フィリピンの定番家庭料理「エスカベッチャ」(700円)など。

 ドリンクメニューは、フィリピンでは水の代わりに飲まれているほど人気というビール「サンミゲール」(750円)、「フローズンマルゲリータ」(780円)、「トロピカルソーダ」(680円)、「フィリピンバナナジュース」「フィリピンマンゴージュース」(以上580円)などを取りそろえる。

 営業時間は、平日=7時30分~23時、土曜=8時30分~23時、日曜・祝日=8時30分~20時(ディナー営業は17時30分~)。9月4日まで。翌5日からは「トラベルカフェ 天王洲アイルシーフォートスクエア店」に場所を変え展開する。