食べる

四谷荒木町に沖縄バー「パイン食堂」-「30年続く店」目指す

四谷荒木町「鈴新」2階に沖縄バー「パイン食堂」がオープン(看板の文字はパイナップルを表すベトナム語)

四谷荒木町「鈴新」2階に沖縄バー「パイン食堂」がオープン(看板の文字はパイナップルを表すベトナム語)

  •  
  •  

 多くの飲食店が立ち並ぶ四谷荒木町・車力門通りの人気店「とんかつ鈴新」2階に4月、沖縄バー「パイン食堂」(新宿区荒木町)がオープンした。店舗面積は約10坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた14席。

沖縄から仕入れた食材を使う「沖縄そば」

 沖縄・名護市出身の店主・仲宗根効さんが開いた同店。8年ほど働いていた沖縄料理店時代に磨いた料理の腕を生かした沖縄料理を提供する。食材のほとんどは沖縄から仕入れ、使用する器やグラスも沖縄の焼き物などが中心。近隣のビジネスマンをターゲットに据え、客単価は約2,000円~3,500円。

[広告]

 主なメニューは、「豆腐よう」(500円)、「炒(い)りらっきょう」「ニンジンシリシリ」「ソーメンチャンプルー」(以上700円)、「麩チャンプルー」(800円)、常時30種以上をそろえる泡盛(600円~)、オリオンビール(瓶、700円)など。17時まで提供するランチメニューとして、「ゴーヤチャンプルーセット」(ライス・小そば・小鉢付き、1,300円)、「タコライス」「沖縄そば」(以上800円)などを用意する。

 食事だけの利用も可能で、すでにリピーターもいるという同店。「気楽にお越しいただければ。荒木町で30年、店を続けることが目標」と意気込みを見せる。

 営業時間は11時30分~24時(土曜は深夜まで)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加