食べる 買う

山吹町にカフェ「ひいらぎ珈琲」-店名に飼い猫の名前、3兄弟が開く

新宿山吹高校近くの早大通り沿いにオープンした「ひいらぎ珈琲」

新宿山吹高校近くの早大通り沿いにオープンした「ひいらぎ珈琲」

  • 0

  •  

 新宿山吹高校近くの早大通り沿いに3月24日、カフェ「ひいらぎ珈琲」(新宿区山吹町、TEL 03-5579-2677)がオープンした。席数は30席。

オーナーの黒澤剛史さんと店内の様子

 オーナーの黒澤剛史さんが姉、妹と3人で開いた同店。店名の「ひいらぎ」は以前飼っていた猫の名前から名付け、優しい性格だったことから「お客さまに対して優しい店になれれば」との思いを込めたという。通りに面した大きな窓から光が入る明るく開放的な雰囲気の店内には、「誰でも気軽に来店してほしい」との思いから自由に手に取って楽しめる絵本の棚を配置した。

[広告]

 加工品を使わず手作りにこだわるというメニューは、ケチャップライスと卵を混ぜて半熟に焼き上げた「まぜまぜオムライス」、2.2ミリの極太麺を使いモチモチとした食感が特徴の「ひいらぎナポリタン」(以上800円)、「ビーフカレー」「ハヤシライス」(以上900円)、自家製ヨーグルトドレッシングを使った「ハムサラダサンド」(650円)など。ドリンク付きのランチメニューやデザート類もそろえる。

 ドリンクメニューは、「ひいらぎブレンド」(450円)、「紅茶(ダージリン・アールグレイ)」(ポット、500円)、カフェオレの上に焼いたマシュマロを載せた「マシュマロカフェ」(580円)、「オレンジヨーグルト」(550円)など。夜には生ビール(600円)や国産ワイン(グラス、400円~)、ワインカクテル(500円)などのアルコール類、「生ハムサラダ」(680円)、「アボカドサーモン」(700円)などの一品料理も提供する。

 ランチタイムはビジネスマンをコアターゲットに据え、「ランチも売りの一つなので、提供するスピードにはこだわりたい」と黒澤さん。ティータイムには主婦層をターゲットに据え、「ゆっくりと時間を過ごしていただければ」と話す。

 営業時間は11時~22時30分(ランチは平日15時まで、土曜は14時まで)。日曜・祝日定休。