食べる

神楽坂にワインダイニング「ヴィノ ナカダ」-靴を脱ぎ中庭望む和空間

神楽坂の路地にオープンしたワインダイニング「VINO NAKADA(ヴィノ ナカダ)」

神楽坂の路地にオープンしたワインダイニング「VINO NAKADA(ヴィノ ナカダ)」

  •  
  •  

 神楽坂通りから1本入った寺内公園近くに9月8日、ワインダイニング「VINO NAKADA(ヴィノ ナカダ)」(新宿区神楽坂5、TEL 03-6457-5747)がオープンした。

中庭を望むことができる店内の様子

 店舗面積は約14坪。席数は、テーブル席、掘りごたつ席、カウンター席を合わせた20席。日本家屋を改装した同店には、玄関で靴を脱いで入店。中庭を望むことができる店内で、ワインとイタリアンをベースにした料理を提供する。

[広告]

 主なメニューは、「イタリア産オリーブのマリネ」「鶏肉のゼリー寄せ」「カポナータ」(以上490円)、チーズとブラックペッパーで味付けした「VINO NAKADAのフライドポテト」(680円)、「エビとブロッコリーのアヒージョ」(880円)、「サバ 黒オリーブ ゆで卵のニース風サラダ」(1,080円)、「黒毛和牛もも肉のグリル」(2,380円)など。

 ドリンクメニューは、ワイン(グラス=530円~、ボトルワイン=2,900円~)、生ビール(580円)など。ボトルワインは30~40種類をそろえる。ビジネスマンから観光客、地元住民まで幅広い層をターゲットに据え、客単価は3,500円~4,000円を見込む。

 オーナーの中田久義さんは20年以上飲食業界に携わり今回独立。食を通じて楽しい空間を提供したい、自分のスタンス・ブランド・やり方で食の楽しさを伝えたいという思いで開業した。「お客さまが気取らず楽しく過ごしていただける店。そこにおいしい料理とワインを提供していきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は、平日=17時~翌3時、土曜=17時~24時、日曜・祝日=12時~24時。月曜定休。