3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

神楽坂の路地にビストロ新店-野菜はシェフの地元・相模原から

神楽坂の路地の突き当りにオープンしたフレンチビストロ「relation」

神楽坂の路地の突き当りにオープンしたフレンチビストロ「relation」

  • 0

  •  

 神楽坂・本多横丁から路地を入った突き当たりに5月10日、フレンチビストロ「relation(ルラシオン」(新宿区神楽坂4、TEL 03-6265-0541)がオープンした。

7坪12席の店内

 店舗面積は7坪。席数はカウンター席6席とテーブル席6席を合わせた12席。店名はフランス語で「つながり」「関係」を意味し、料理を通じて利用客と、シェフ・小林孝さんが生まれ育った相模原の農家から直送される野菜を使うことで生産者と、それぞれ「つながる」ことをコンセプトに名付けた。

[広告]

 ディナーメニューは、「鴨(カモ)肉のパテ・ド・カンパーニュ」「築地直送マダイと甘エビのマリネ」「相模原ミヤコ農園 野菜のテリーヌ」などの前菜、「フランス産子鴨ムネ肉のロティ」「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」などのメーン、「本日のタルト」「シェフスペシャリテ 2層のガトーショコラ」などのデザートから好みのものを組み合わせるコース(3,800円、4,300円、5,000円)とアラカルトを用意。ランチタイムには、平日=1,200円・1,300円・1,600円、週末=1,800円・2,300円のコースを提供する。

 ドリンクメニューは、常時20種ほどをそろえるボトルワイン(2,400円~)とグラスワイン(600円~)、ハートランド生ビール(600円)、自家製サングリア(700円)、エスプレッソ(400円)、ハーブティー(700円)など。客単価は5,000円。

 「気軽にお越しいただき、この狭い距離感の中でコミュニケーションを取りながら食事を楽しんでいただきたい」と小林さん。「敷居が高いと思われがちなフランス料理だが、知り合いの店に行く感覚でお越しいただければ」と笑顔を見せる。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時~21時30分(それぞれラストオーダー)。今月19日以降、日曜のディナーと月曜定休(祝日の場合は翌火曜休み)。

  • はてなブックマークに追加