食べる

牛込神楽坂にワインにこだわったイタリアン-地域とのつながり目指す

大久保通り沿いにオープンした「OSTERIA LEGAME 神楽坂」(写真=オーナーシェフの蒲生弘明さん)

大久保通り沿いにオープンした「OSTERIA LEGAME 神楽坂」(写真=オーナーシェフの蒲生弘明さん)

  •  
  •  

 牛込神楽坂駅近くの大久保通り沿いに3月29日、イタリア料理店「OSTERIA LEGAME(オステリア レガーメ) 神楽坂」(新宿区横寺町、TEL 03-5579-8961)がオープンした。店舗面積は12坪。席数は18席。

白色と茶色を基調にした店内の様子

 都内のイタリア料理店や五反田のトラットリア・アリエッタ、ピッツェリア・アリエッタなどで腕を振るった蒲生弘明さんが開いた同店。売りであるワインはイタリアワインの品ぞろえが豊富な「やまもと酒店」(三鷹市)から仕入れ、コンディションの良い状態で、旬の食材を使った料理と共に提供。「ワインをたくさん飲んでほしい」という思いと「気軽に来店してほしい」という願いから、店名を「トラットリア(気軽に入れるレストラン)」ではなく「オステリア(居酒屋)」にした。

[広告]

 主なメニューは、「フォアグラのムース」(525円)、「エゾシカのカルパッチョ」(1,100円)、「スパゲティ 桜エビと春野菜のアリオオーリオ」(1,365円)、「スパゲティ ホタルイカと空豆、カラスミ」(1,260円)、脂の甘みとおいしさが特徴という「富士金華豚のロースト 焦がしバターとケッパー」(2,400円)など。ランチタイムには、前菜とサラダのプレート、パン、パスタをセットにした「本日のランチ」(900円)を用意する。

 ドリンクメニューは、50~60種類をそろえるワイン(グラス=630円~、ボトル=3,150円~)を中心に、生ビール(525円)、ソフトドリンク(420円)など。20代後半以上の幅広い層をターゲットに据え、客単価は4,000円~6,000円を見込む。

 蒲生さんは「『レガーメ』はイタリア語で『つながり』。地域の人たちとつながって一緒に街を盛り上げていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は、平日=11時30分~15時・17時30分~23時、土曜・日曜・祝日=11時30分~16時・17時~23時。月曜定休(祝日の場合は営業、翌日休み)。

  • はてなブックマークに追加