食べる

飯田橋に元シェフが店主のラーメン店「麺屋 藤しろ」-目黒に続く2号店

「麺屋 藤しろ 飯田橋店」の北森店長(中)とスタッフの皆さん

「麺屋 藤しろ 飯田橋店」の北森店長(中)とスタッフの皆さん

  •  
  •  

 JR飯田橋駅東口から続く目白通り沿いに3月19日、ラーメン店「麺屋 藤しろ」(千代田区飯田橋2)がオープンした。席数はカウンターのみの13席。

主力メニューの「芳醇鶏白湯味玉ラーメン」

 同店は2012年7月、元フレンチとイタリアンのシェフという経歴を持つ店主の工藤泰昭さんが目黒で創業。大山地鶏とローストした牛スジをベースに、削り節や煮干しなどを数種類の魚介系のだし素材を使った粘度の高いスープが特徴で、化学調味料は一切使わない。具材は、タケノコやスープの温度が下がりにくいよう火の通りやすさから選んだという九条ネギ、低温調理したものを再度加熱することによって柔らかいままで提供するチャーシューなど。「心の味食品」の麺を使い、ラーメンには細麺、つけ麺には中太麺を合わせる。

[広告]

 メニューは、主力メニューの「芳醇鶏白湯ラーメン」(750円)、「芳醇鶏白湯味玉ラーメン」(850円)をはじめ、「芳醇鶏白湯つけ麺」(780円)、「芳醇鶏白湯味玉つけ麺」(830円)、飯田橋店限定のオーソドックスなしょうゆラーメン「温故知新 『新』しょうゆラーメン」(680円)など。つけ麺は並盛りが200グラムで、中盛り(300グラム)まで無料。大盛り(450グラム)は100円、特盛り(600グラム)は200円の追加料金で対応する。

 新店の店長を任されたのは、工藤さんとともに目黒店を切り盛りしてきた北森さん。「味を崩さないようにするのが私の責任。毎日味をみて、そこだけは気をつけないと」と表情を引き締める。飯田橋かいわいのビジネスマンをターゲットに据える。

 営業時間は11時~15時、18時~22時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加