食べる

靖国神社前に「豆」にフィーチャーした店-自家製「チリ」メーンに

靖国神社近くにオープンした「チリパーラー 9」小林優太店長とスタッフの皆さん

靖国神社近くにオープンした「チリパーラー 9」小林優太店長とスタッフの皆さん

  •  
  •  

 靖国神社南門近くに10月25日、「チリパーラー 9(ナイン)」(千代田区九段南3、TEL 03-3234-2309)がオープンした。経営は、半蔵門の人気レストラン「麹町カフェ」(麹町1)、同店そばのベーカリーカフェ「FACTORY」(九段南3)を展開するエピエリ(麹町1)。

男性でも入りやすい雰囲気の店内

 「EAT GOOD=良いを食べる」をコンセプトに、自家製「チリ」をメーンに提供する同店。生産者の顔が見える食材を使い、自分たちの手で作ったものを提供してきた「麹町カフェ」、パン部門を独立させた「FACTORY」に続き、今回は「豆」にフィーチャーした店として同店を開いた。席数は18席。

[広告]

 「良いものを食べるというのは、作った人、調理した人がはっきりとわかるということ」とエグゼクティブシェフの松浦亜季さん。良質な豆と野菜をじっくりと煮込んだ自家製「チリ」は、油はオリーブオイル、調味料は塩と少しのスパイスのみを使い、シンプルな味付けに仕上げ、付け合わせとして自家製ピクルス「ピカリリ」と「コールスロー」を用意する。

 主なメニューは、オーストラリア産牧草飼育牛とうずら豆、野菜を使った「スタンダードビーフチリ」(S=950円、L=1,050円)、黒目豆と金時豆、季節の野菜を使った「ベジタリアンチリ」(S=850円、L=950円)、日替わりの「デイリースペシャルビーンボウル」(S=900円、L=1,000円)、自家製ソーセージを使ったホットドッグ(550円~)、サンドイッチ各種(350円)など。朝には「FACTORY」オリジナル食パンのトーストやコーヒーなどを組み合わせた朝食セット、水曜・土曜には黒インゲン豆や豚肉を煮込んだブラジル料理「フェイジョアーダ」も限定提供する。

 ドリンクメニューは、ハンドドリップコーヒー(300円)、自家製オーガニックレモネード、自家製ジンジャーエール(以上350円)、ガルバニーナオーガニックコーラ、フレッシュオレンジジュース、フレッシュハーブティー(以上400円)など。サンクトガーレンゴールデンエール(700円)やボトルビール(600円~)、バーボンオーガニックレモネード(750円)などのアルコール類も取りそろえる。

 デリバリーやテークアウトも可能で、松浦さんは「自宅で晩御飯としても使っていただければ。豆のようにじっくりと店を育てていきたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は、平日=8時~20時、土曜=9時~18時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加