見る・遊ぶ

8月8日は「プチプチの日」-グッズ配布、製造会社44周年企画展も

無料配布する「プチプチエコペットボトルホルダー」を手にする同社常務取締役でプチプチ文化研究所所長の杉山彩香さん

無料配布する「プチプチエコペットボトルホルダー」を手にする同社常務取締役でプチプチ文化研究所所長の杉山彩香さん

  •  
  •  

 8月8日の「プチプチの日」を前に8月7日、「プチプチ」を製造販売する川上産業東京営業所(千代田区五番町)で創業44周年記念イベントが始まった。

展示の様子

 同社は、創業者の川上聰氏が1960年代初期に「プチプチ」製造装置の開発に成功し、1968(昭和43)年に創業。当時の名称は「エア・バッグ」で、その後1994年に川上肇現社長が「プチプチ」を商標登録した。プチプチの粒の並びの一部が数字の「8」に見えること、88(パチパチ)とつぶすことから、8月8日が「プチプチの日」と日本記念日協会の認定を受けている。

[広告]

 今回のイベントでは8月8日の「88」の半分である「44」にこだわり、創業からの44年間を振り返る。「プチプチ」が誕生する以前の江戸時代の梱包(こんぽう)材や同社の歴史、これまでの実績などをパネルで紹介するほか、創業当時の製品や開発中の製品、さまざまな媒体とのタイアップ製品などを展示する。

 オーストリア人アーティスト・セングミューラーさんから譲り受けたという、プチプチの粒1粒1粒にインクを入れてドット絵画を作ることができる機械「Very Slow Scan Television」改め「プチリンター」も見どころの一つとなっている。

 東京事務所のほか、8月8日に名古屋・ナディアパークで展示や子ども向けプレールームなど、同11日に東京ミッドタウン・デザインハブで子ども向けワークショップをそれぞれ開催。東京事務所でのイベントは9日までで、開催時間は10時~15時。

 「プチプチの日」当日は、恒例となったオリジナルのプチプチグッズを無料配布。仙台、大宮、高崎、新宿、渋谷、横浜、静岡、名古屋、難波、博多など全国16カ所で、「プチプチエコペットボトルホルダー」を配布する。配布時間は場所によって異なり、市ケ谷駅前での配布は8時30分から。

  • はてなブックマークに追加