今年のベストセラー「女性の品格」、女性不人気の新書で快挙

今年のベストセラーとなった「女性の品格」。

今年のベストセラーとなった「女性の品格」。

  •  
  •  

 大手出版取次会社のトーハン(新宿区東五軒町6)が12月4日に発表した「2007年年間ベストセラー」で、PHP研究所(千代田区三番町)が発行した「女性の品格 装いから生き方まで」が総合1位に輝いた。

 同書はビジネスから装い、話し方、恋愛まで女性の振る舞い方など、著者の坂東眞理子さんのこれまでの経歴の中から培われたものを66例の具体的なアドバイスとしてまとめている。他のランキングでも1位に輝いている同書は現在270万部を発行している。

[広告]

 同書の編集を担当した横田紀彦さんは「女性向けは売れないといわれていた新書だったが、この結果が出たことには驚いている。読者も8割5分が女性ということで、女性の意識の高さが伺える結果になった」と話す。

 「品格」が昨年の流行語大賞にもなった、ベストセラー「国家の品格」を受けてのタイトルだったというが、「一過性のものではなく、『品格』というキーワードに国民全体の意識が向いているのでは」(横田さん)とも。

 今月14日には同書の続編として、少子化、核家族化、共働きで難しくなった親子関係のあり方を具体的にまとめた「親の品格」を発売。読者からの要望に応えて発行が決まったという同書は、すでに40万部を発行している。

 以下10位までの結果は、2位=「ホームレス中学生」、3位=「鈍感力」、4位=「日本人のしきたり」、5位=「新・人間革命(17)」、6位=「田中宥久子の造顔マッサージ」、7位=「ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 信じるか信じないかはあなた次第」、8位=ポケットモンスター ダイヤモンド・パール公式全国大図鑑」、9位= ポケットモンスター ダイヤモンド・パール公式ぜんこく図鑑完成ガイド」、10位=「恋空 切ナイ恋物語(上)(下)」。

PHP研究所トーハン電車内の「読書」事情-「書籍」上昇も、「居眠り」が1位に(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加