食べる

神楽坂名物「ペコちゃん焼」に「総菜」系が登場-8種を日替わり提供

神楽坂名物「ペコちゃん焼」に「総菜」系が登場(画像=開発担当の島田翔平さん)

神楽坂名物「ペコちゃん焼」に「総菜」系が登場(画像=開発担当の島田翔平さん)

  •  
  •  

 神楽坂名物の一つ「ペコちゃん焼」を日本で唯一販売する「不二家 飯田橋神楽坂店」(新宿区神楽坂1、TEL 03-3269-1526)は5月21日、「総菜ペコちゃん焼」の販売を始めた。

この日の味は「ボロネーゼ」

 同店はこれまで、通常6種類を提供するスイーツ系の商品に加え、比較的余裕があるという夏季限定の「カレー味」、昨年のクリスマス限定の「ビーフシチュー味」など総菜系商品を期間限定で販売。「お客さまに選んでいただく楽しみを毎日提供したい」との思いから、昨年末のタイミングで総菜系商品のレギュラー提供を決めた。

[広告]

 開発担当の島田翔平さんを中心にアルバイトを含むスタッフたちで試食を重ね、およそ5カ月の開発期間を経て今回、8種類の商品化・提供にこぎ着けた。今回登場した味は「野菜カレー」「ボロネーゼ」「ジャーマンポテト」「ビーフシチュー」「ペッパーミート」「ピロシキ」「メキシカンチリビーンズ」「オニオンカレー」の8種類。日替わりで数量限定販売する。価格は115円。

 店頭では「ペコちゃん焼×めし」のポスターで商品を告知しており、「ポスターを見て『何?』と興味を示してくださる方が多い」と島田さん。「今は数量限定だが、今後はレギュラーメニューとして提供していければ」と話し、ラインアップの増加や変更も検討しているという。

 営業時間は10時~22時(土曜・日曜・祝日と8月は20時まで)。「ペコちゃん焼」は閉店1時間前に焼き終わる。

  • はてなブックマークに追加