食べる

ホテルグランドパレス、働く女性狙い女子会プラン-「桜」テーマの企画も

千鳥ヶ淵や靖国神社など桜の名所に近いホテルグランドパレス

千鳥ヶ淵や靖国神社など桜の名所に近いホテルグランドパレス

  •  
  •  

 2月で開業40年を迎えたホテルグランドパレス(千代田区飯田橋1)が現在、周年と桜にちなんだ企画を展開している。

季節限定で販売中のロールケーキ「さくらロール」

 同ホテル内のケーキ&ベーカリー「ジュリー」では、季節限定のロールケーキ「さくらロール」(1日数量限定、2,400円)を販売中。2010年発売の人気商品で、桜餡(あん)と生クリームを合わせた和風クリームをはさみ、表面に塩漬けの桜の葉1枚をデコレーションした和菓子のような風味が特徴。今年から新商品「桜あんぱん」(200円)も販売している。「さくらロール」「桜あんぱん」共、4月30日まで販売。

[広告]

 千鳥ヶ淵や靖国神社など、桜の名所を一望できる同ホテル最上階のレストランでは4月8日まで、シェフが実演調理する鉄板焼きや、オードブル、デザートが並ぶ「SAKURAランチブッフェ」を開催中。今年から新たに、スイスの名物料理ラクレット(=焼きチーズ)などの実演メニューも加わった。

 同ホテルでは開業40周年を機に、新たなターゲットとしてホテル周辺で働く女性に注目し、女子会企画や女性向けの宿泊プランを打ち出している。第1弾は、桜の季節に合わせた女子会ステイプラン「さくら日和」。千鳥ヶ淵の夜桜を見下ろすスイートルームのダイニングで、桜スイーツや桜のスパークリングワインなどを提供する。1日1組限定で、4月9日まで実施。

 「これまで利用客の大半は会社員や年配の男性で、レストランでの食事利用が多い」と営業企画部の櫻井さん。「九段下は乗り換えでの駅利用は多いものの、長時間とどまる方は少ない。従来までのイメージを一新する企画で、若い女性にも九段下を長く楽しんでもらえるきっかけになれば」と意気込む。

  • はてなブックマークに追加