食べる

曙橋にカフェ&バル新店-夜はタパス、昼はワンコインランチをメーンに

曙橋駅近くにオープンしたカフェ&バル「COMIDA」

曙橋駅近くにオープンしたカフェ&バル「COMIDA」

  •  
  •  

 都営新宿線曙橋駅近くに2月4日、カフェ&バル「COMIDA(コミダ)」(新宿区住吉町、TEL 03-3356-6543)がオープンした。

店内の様子

 店舗面積は13坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた20席。気軽に立ち寄れる「洋風酒場」をコンセプトに、昼は500円のワンコインランチ、夜は300円・500円・700円均一の小皿料理とワインをメーンに提供する。

[広告]

 主なメニューは、長ネギのマリネ(300円)、パテ三種盛り、プロシュート(以上500円)、トリッパのトマト煮、塩豚の角煮(以上700円)など。15時までのランチメニューは、パスタ、オムライス、ドリア、グラタン(各500円)、タパス4種とバゲット、スープをセットにしたコミダセット(700円)。

 ドリンクメニューは、ワイン(グラス=300円~、ボトル=1,500円)やビール(500円~)、焼酎(300円~)、日本酒(500円)、洋酒(500円~)、カクテル(500円)、日替わりの豆を使ったコーヒー(200円)など。生ビールかワイン2杯とタパス2種、生ビールかワイン1杯とタパス4種を組み合わせた「酒セット」(各1,000円、19時まで)、手作りケーキとソフトドリンクのセット(500円、13時~16時)も用意する。

 ターゲットは、昼は子ども連れ、夜はビジネスマンから近隣住民まで幅広く据え、客単価は2,000円を見込む。「気軽に一杯飲みに来てもらえる店になれば」と店主の伊地知伸久さん。ギャラリーとしての利用や誕生会、女子会などでの貸し切りにも対応していくという。

 営業時間は11時30分~23時(ラストオーダー、3月以降の日曜・祝日は12時~)。