食べる

神楽坂のイタリアンが拡張移転-新メニュー「米粉ピザ」の提供も

西五軒町に拡張移転したイタリアンレストラン「ラ・レッテラ」

西五軒町に拡張移転したイタリアンレストラン「ラ・レッテラ」

  • 0

  •  

 神楽坂・赤城神社近くで営業していたイタリアンレストラン「LA LETTERA(ラ・レッテラ)」(新宿区西五軒町、TEL 03-3260-5265)が1月6日、赤城神社の裏手の西五軒町に移転オープンした。

これまでの約2倍の広さと客席数を設けた店内の様子

 同店は2006年8月にオープン。2010年10月に、姉妹店としてワインバー「10’colors(テンカラーズ)」(神楽坂2、TEL 03-6228-1484)をオープンした。今回の移転について、オーナーの阿久津文男さんは「これまで足りなかったパフォーマンスであるピザを提供するため。3年ほど前から広い物件を探していた」と説明。

[広告]

 移転を機にメニューに米粉を使ったピザを加え、高価格帯のワインも取りそろえることでレストランとワインバー、双方の需要に応えられる店に仕上げた。店舗面積は37坪。席数はテーブル席とカウンター席、テラス席を合わせた48席。これまでの約2倍の広さと客席を設けた。

 主なメニューは、「レッテラ風 牛ハチノスのトリッパ」(700円)、「ジェルマーノ氏直伝 自家製ピリ辛ソーセージ」(800円)、3人に1人からは注文が入るという「ワタリガニのリングイネ トマトクリームソース」(1,580円)、「温かい時はもっちり、冷めるとカリッとした食感」という米粉を使ったピザ「ベジタリアーナ(モッツアレラ、季節野菜)」(1,480円)など。

 ドリンクメニューは、ワイン(グラス=500円~、ボトル=2,900円)を中心に、生ビール(600円)、カクテル(750円)など。客単価は4,000~6,000円。

 同店は、移転オープンに合わせて店内を完全禁煙にした。「これまで来てくださっていた喫煙者の方の反応が心配だったが、禁煙にしてくれてうれしいという声も頂いた」と阿久津さん。同店の存在は知っていたものの、移転後初めて店を訪れたという地元住民の姿もあり、新規客の取り込みも図っていく。

 「まずは西五軒町の人たちに受け入れてもらうこと。神楽坂のメーン通りに行かなくても『レッテラ』があるからと言っていただける店になれば」と意気込みを見せる。

 営業時間は12時~14時、17時30分~22時(以上ラストオーダー)。