食べる

神楽坂に和食の新店「えびはら」-料理教室開講を視野に

「和しょく えびはら」店主の海老原誠さん

「和しょく えびはら」店主の海老原誠さん

  •  
  •  

 牛込神楽坂駅近くの大久保通り沿いに11月28日、新店「和しょく えびはら」(新宿区岩戸町、TEL 03-6327-6289)がオープンした。

「和しょく えびはら」外観

 店舗面積は約10坪。席数はカウンター5席とテーブル席を合わせた16席。店を切り盛りするのは、和食歴18年の店主・海老原誠さん(36)と妻・沙有理さん。海老原さんは「子どもが3人おり、日本人の体質や食文化に合ったものを残したいという思いを持っていた」と話し、創作和食が増えてきている中、王道の和食、純和食を提供する店として独立を果たした。

[広告]

 主なメニューは、先付け、蒸し物、前菜、造り、焼き物、揚げ物などで構成するコース料理(8,000円~)とアラカルト。ドリンクメニューは、生ビールや焼酎、日本酒、梅酒、ウイスキーなど。昼は7~8品で構成する3,675円のコース料理を用意する。「昼夜共に2人で切り盛りしているので、予約をしていただければ助かります」と海老原さん。

 料理には全国の旬の食材を使うほか、各地の料理法を取り入れるなど、新しい食べ方の提案も。コース料理の構成は、予約時に客の要望を聞きながら相談して組み立てることで変化を持たせているという。

 「神楽坂は和食が根付いている街。来ていただいたお客さまによかったと言ってもらえる店、また来たいと思っていただける店になれれば」と海老原さん。「今後は、食材から料理が完成するまでを体感できる料理教室も開いていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は、昼=11時30分~13時30分(月曜~金曜)、夜=18時~21時30分(アラカルトは22時まで、以上ラストオーダー)。

  • はてなブックマークに追加