半蔵門・JOGLISで「グリーンスムージー」ワークショップ

半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS」で「グリーンスムージー」のワークショップを開催

半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS」で「グリーンスムージー」のワークショップを開催

  • 0

  •  

 ランナーズ施設「HANZOMON RUNNER’S SATELLITE JOGLIS(ジョグリス) powered by TOKYO FM & ASICS(通称=半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS」)(千代田区麹町1)で8月28日、「グリーンスムージー」のワークショップが開催される。

 グリーンスムージーは、グリーン(生の緑の葉野菜)とフルーツと水をミキサーで混ぜ合わせたもの。アミノ酸や食物繊維、クロロフィルなどさまざまな栄養素が豊富な葉野菜を含むグリーンスムージーは、毎日1杯飲むだけでも目に見えて体によい変化が起き始めるとされ、現在、健康と美容に関心の高い人々やランナーから注目を集めている。

[広告]

 講師を務めるのは、日本初のロースイーツ専門店「Shalimar de la TefuTefu(シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフ)」と日本語のグリーンスムージー情報サイト「GreenSmoothie.jp」を運営、ヴィクトリア・ブーテンコの代表著書である「グリーン・フォー・ライフ」を翻訳し、グリーンスムージーを日本に広める活動に取り組む仲里園子さん、山口蝶子さん姉妹。

 講座では、グリーンスムージーについてのレクチャーや作り方のポイント、注意点、器具や材料の説明を交えながらデモンストレーションを実施。身近な材料を使ったランナーに「おすすめ」のスムージーなど、季節のフルーツや野菜をメーンに使った4種類を実演する。

 開催時間は10時30分~12時30分(10時受け付け開始)。参加費は3,600円。申し込みはホームページ上で受け付けており、定員は20人(応募多数の場合は抽選)。締め切りは今月21日。